電車でのマナー

電車に乗る際のマナー

東京だけのマナーというものはありませんが、普段そんなに乗らない人はそれほどマナーについてわかっていないと思います。わかっているつもりでも、意外と知らないこともあるかもしれないので載せておきます。実際、土休日は普段電車に乗らない人が多いため、マナーを守ってない(わかってない)人が多いように感じられます。

電車に乗ったら奥の方へ

後ろにも列が出来ているのに、乗車の際ドア付近に立ち止まってる人がいますが非常に邪魔です。奥の方(座席のある方)に行かないとドア付近に人が詰まって、奥の方は空いているという現象が起きます。後ろの人はいないとしても、駆け込んでくる人や次の駅などで乗ってくる人もいるので奥の方へ行きましょう。すぐ降りるとしても、周りの乗客も意地悪じゃないですから、「すいません(降ります)」と一言かければ降りるのに苦労はないはずです。

リュック系の荷物は下ろすか網棚に載せましょう

リュック系というのは後ろに背負うタイプのバッグです。もちろん肩掛けでも大きなものは同様ですけども、リュックなどは床に置くか、網棚に乗せましょう。というのは、まず電車の混む部分は体の部分で足のあたりは隙間があるということ。それとリュックの人が動くと知らず知らずのうちに人にぶつかっているということがよくあるからです。混んでいても空いていても、足下に置くか網棚の上に乗せるのは基本中の基本です。足下でも邪魔になることがあるので、本当は網棚が一番良いのですが。また座る人は大荷物以外は網棚に荷物を置かず、自分で持つようにしましょう。新型車両では座席の下に荷物用のスペースがあるので、そこも活用しましょう(降りる際に忘れないように)

大きな駅では皆降りる

上の「電車に乗ったら奥の方へ」にも関係しますが、主要駅では皆降りるので奥の方に乗っても問題ありません。主要駅というのは、渋谷、新宿、池袋などです。ラッシュ時は主要駅でなくても階段付近は結構降りる人が多いです。だからなるべく電車の奥の方へ移動しましょうと言うことです。

ドア付近に立ったらよける

特に混雑した電車でドア付近に乗って、そのドアが開く場合はよけることを意識しましょう。ドアの目の前にいるなら一度降りた方が良いかもしれません。たまに主要駅で自分は降りないからと、皆が降りようとする中必死に踏ん張る人がいますが、本当に邪魔です。一度降りてから乗車しましょう。

停車時間はある程度あるので落ち着いて

マナーではないですが、停車時間はまぁまぁ長くあります。田舎の鉄道のように「ドアが開く→すぐ笛が吹かれる→すぐドアが閉まる」ということはないです。基本的に発車"ベル"というか、一部の駅をのぞき「音楽」が流れるのであっという間に閉まることはありません。とはいえのんびり乗る余裕があるわけでもないですし、後ろから乗ってくる可能性もあるので、速やかに乗りましょう。JRは結構容赦ないので混んでる新宿の階段付近で乗れなかったというのを何度か見たことがあります。(階段付近なので降りる人が多く、降りるのに時間がかかってしまい、乗車する時間がそんなに無かった、という感じです。)混雑時間帯はこのようなことがありますので、主要駅で乗車する場合は階段付近や狭い階段や売店の横は避けて、空いているドアから乗車することをおすすめします(とはいえ混雑時間帯は結構長めに乗車時間をとっています。新宿駅で発車ベルが鳴ったから、山手線にあわてて乗ったら向かい側の、中央線各駅停車の発車ベルだったということもありましたw)

自動改札はさっさと通り過ぎる

自動改札をゆっくり通ると、次の人がつっかえます。特に多いのが自動改札を抜けた後ですぐに止まる人です。どちらに行けばいいか迷っているのかもしれませんが、邪魔になりますので、そのような場合も改札から少し離れた場所で迷ってください。

携帯電話のマナー

関東の各路線は携帯電話のマナーについて統一しています。「電車内では携帯電話はマナーモードにし、通話はお控えください。優先席付近では電源をお切りください。」というものです。

女性専用車両について

朝の通勤時間帯には都心に向かう車両の多くに女性専用車両が設けられます。関東各私鉄は2005年5月9日から(試験)導入しました。JRは埼京線、中央線が導入しました。女性専用車両の位置などについては、各社にお問い合わせください。(埼京線は上り列車先頭車両)