全国TOP >> 東京/観光 >> 小笠原・離島 >> 南硫黄島

南硫黄島

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

南硫黄島とは

南硫黄島 小笠原諸島の硫黄列島に属する最南端の島で、村の一部では在るが有史以来一度も人が定住したことがない無人島で、まさに秘境の文字がふさわしい所である。
島へ到達するとまず900mの断崖が出迎えてくれる。島内は、手付かずの原始の世界。特に人が住んでいないこの島はその生態系がよく保存されており、進化の実験場とも呼ばれている。特にカタツムリの生態系には特筆すべきものが有り、世界でもここでしか見られない種が多く存在している。また、進化の途中を見ることが出来ると言う、世界でもまれな環境である。
今週のランキング:517位 エリア:小笠原・離島
ジャンル: / 世界遺産 / 国立公園 / 小笠原 / 固有種 / 国立公園 / 火山島 /

概要

名称南硫黄島
(みなみいおうじま)
住所東京都小笠原村南硫黄島

アクセス

島内への立ち入りは厳しく制限されており、調査目的の上陸が数十年に一度(定期的ではない)行われる程度なので、もし万が一近くへ行ける機会があっても、上陸せず海上に佇む景色を堪能してほしい。

小笠原・離島で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。