全国TOP >> 東京/観光 >> 小笠原・離島 >> 母島

母島

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

母島とは

母島 小笠原諸島において、父島とこの母島だけが人が定住している島である。
母島は南北に細長い形状や父島より標高が100mほど高い山により、島の頂をしばしば厚い雲が覆う。その雲がもたらす雨により、亜熱帯の気候となっている。森も亜熱帯の森林のようにシダ類が覆う。また、その雨が植物の成長を促し、樹木の背は高くなる。ドライな気候の父島と同じ種の植物が全く違った生長をしている様が観られる。
今週のランキング:531位 エリア:小笠原・離島
ジャンル: / 世界遺産 / 国立公園 / 小笠原 / 固有種 / 国立公園 / 火山島 /

概要

名称母島
(ははじま)
住所東京都小笠原村母島

アクセス

父島(二見港)から舟で2.5時間(1〜2日に1便)
島内には公共の交通機関が無いので、島内の移動にはそれなりの準備が必要である。

小笠原・離島で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。