全国TOP >> 東京/観光 >> 小笠原・離島 >> 父島

父島

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

父島とは

父島 小笠原諸島において最大の島であり、周囲の島と共に父島列島とも呼ばれている。人が定住している島は母島とこの父島だけである。
太平洋上にプレート活動で出来た島であり、一度も大陸などと陸続きになったことがないため、この島の動植物は、偶然たどり着いたものが独自の進化をとげ、固有種となっているものが多い。現在もその保護のため、森林等への立ち入りには制限や条件が設けられている。
また、聟島(むこじま)とこの父島は、プレートが沈み始めた時にのみに噴出する特殊なマグマで形成されており、そのマグマが冷えて固まり出来たボニナイト(BONINITE)と呼ばれる岩石は、この島のかつての呼び名(ボニーアイランド)が元となっている。またこのボニナイトは石垣状の模様を形成するが、岸壁などではその模様が見事な景色を作っている。また砂浜の砂をよく見ると、ボニナイトが砕けて出来た薄緑のウグイス砂と呼ばれる砂で覆われている。
今週のランキング:547位 エリア:小笠原・離島
ジャンル: / 世界遺産 / 国立公園 / 小笠原 / 固有種 / 国立公園 / 火山島 /

概要

名称父島
(ちちじま)
住所東京都小笠原村父島

アクセス

東京港(竹芝ふ頭)より二見港へ約25.5時間(6日に1便、観光シーズンは3日に1便)

小笠原・離島で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。