全国TOP >> 東京/観光 >> 両国・亀戸 >> 梅屋敷跡

梅屋敷跡

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

梅屋敷跡とは

梅屋敷跡 水戸光圀が命名したと云われる「臥龍梅」が有名な梅の名所跡。
もとは本所埋堀(現在の墨田区)の商人、伊勢屋彦右衛門の別荘で、庭内に多くの梅が植えられていたことから梅屋敷と呼ばれるようになった。また、八代将軍吉宗も鷹狩の帰りにこの地を訪ねたとのこと。
江戸近郊の行楽地として賑わい、その様子は歌川広重の「絵本江戸土産」にも取り上げられたほど。
明治43(1910)年の水害で全ての梅は枯れてしまい、現在は石標柱が当時を偲ばせるのみである。
今週のランキング:522位 エリア:両国・亀戸
ジャンル:歴史的建造物 / 旧跡 / 名所跡 / 水戸光圀 / 臥龍梅 / 徳川吉宗 / 歌川広重 / 絵本江戸土産 /

概要

名称梅屋敷跡
(うめやしきあと)
住所東京都江東区亀戸3丁目50〜53付近

アクセス

JR総武線各駅停車亀戸駅より徒歩約15分
東武亀戸線東あずまえきより徒歩約10分

両国・亀戸で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。