全国TOP >> 東京/観光 >> 押上・向島 >> 牛嶋神社

牛嶋神社

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

牛嶋神社とは

牛嶋神社 頃慈覚大師が貞観年間(859〜79)に建立したと伝わり、撫牛で有名な神社。
慈覚大師が一草庵で須佐之男命の権現である老翁に会った際に「わがために一宇の社を建立せよ、若し国土に騒乱あらば、首に牛頭を戴き、悪魔降伏の形相を現わし、天下安全の守護たらん」とのお告げにより建立されたと伝わるため、牛御前社と呼ばれた。
撫牛とは、自分の悪いところを、治したい所を撫でるという撫で地蔵と同じ様な風習であるが、牛嶋神社の撫牛は心にもご利益があるとの事。
今週のランキング:404位 エリア:押上・向島
ジャンル:神社 / 頃慈覚大師 / 貞観年間 / 牛御前社 / 撫牛 /

概要

名称牛嶋神社
(うしじまじんじゃ)
住所東京都墨田区向島1丁目4-5

アクセス

銀座線都営浅草線東武伊勢崎線の浅草駅(東京メトロは4番出口)より徒歩約10分
東武伊勢崎線 業平橋駅より徒歩約10分

押上・向島で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。