全国TOP >> 東京/観光 >> 押上・向島 >> 近代映画スタジオ発祥の地

近代映画スタジオ発祥の地

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

近代映画スタジオ発祥の地とは

近代映画スタジオ発祥の地 かつて東洋一の映画スタジオといわれた日活向島撮影所があった地。
正式名称を日本活動写真株式会社向島撮影所と言い、大正2(1913)年に開設し、現代劇を製作、新派劇を得意とし「日活新派」と呼ばれるようになる。目黒を超える総ガラス張りの本格的グラスステージと呼ばれるスタジオでは天候に左右されない撮影が可能となり、近代映画の発展に貢献した。
今週のランキング:535位 エリア:押上・向島
ジャンル:石碑 / モニュメント / 発祥地 / 映画 / グラスステージ / 日活新派 /

概要

名称近代映画スタジオ発祥の地
(きんだいえいがすたじおはっしょうのち)
住所東京都墨田区堤通2-19-1 堤小学校内(入り口付近の道路から見える所に解説板がある)

アクセス

東武伊勢崎線東向島駅より徒歩約15分

押上・向島で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。