全国TOP >> 東京/観光 >> 押上・向島 >> 言問橋

言問橋

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

言問橋とは

言問橋 川端康成が小説「浅草紅団」の中で直線の美しさを男らしさの例えとして書いている橋。
橋の名前は、在原業平の詠んだ「名にし負はば いざこと問はむ都鳥 わが思ふ人は ありやなしやと」に由来すると云われている。現在では東京スカイツリーの撮影スポットとなっている。
今週のランキング:429位 エリア:押上・向島
ジャンル: / 通り / / 直線 / 川端康成 / 浅草紅団 / 在原業平 / 東京スカイツリー /

概要

名称言問橋
(ことといばし)
住所東京都墨田区向島2丁目〜台東区花川戸2丁目付近

アクセス

東武伊勢崎線業平橋駅、浅草駅より徒歩約5分

押上・向島で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。