全国TOP >> 東京/観光 >> 浅草 >> 浅草寺

浅草寺

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

浅草寺とは

浅草寺 浅草寺は、「浅草観音」などの愛称で親しまれる都内最古の寺院。国内のみならず世界的にも名高い観光スポットである。
浅草寺といえば雷門(右写真)。雷門をくぐると仲見世通り。仲見世通りには雷おこしや人形焼きを中心に着物やカツラ屋まで多くの店が並んでいる仲見世通りを抜け、宝蔵門をくぐると浅草寺本堂に着く。
雷門のちょうちんは直径3.4m高さ4m重量は670kg。雷門は火災などのため現在あるのは1960年再建のもの。浅草寺は628年に建てられた寺で都内最古の寺といわれている。江戸時代に徳川家康が幕府の祈願所に指定したため浅草寺のあたりは下町の中心として栄えた。
今週のランキング:7位 エリア:浅草
ジャンル:寺院 / 雷門 / 仲見世 / 通り / 江戸 / 仏閣 / 徳川家康 / 江戸 /

概要

名称浅草寺
(せんそうじ)
営業時間6:30〜17:00(4〜8月は6:00〜)
休業日無休
料金無料
住所東京都台東区浅草2-3-1
電話番号03-3842-0181

アクセス

銀座線都営浅草線東武伊勢崎線、浅草駅より徒歩約1分。

浅草で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。